2017年1月24日火曜日

カレー生活71

フランス人の友人宅で振る舞っていただいた手料理
クスクスはやっぱり色んなスタイルあるね

タルタルステーキ
この盛り付けセンス!
この葱ドーン!な感じ、嫌いじゃないです

ジャガイモの切り方一つでも
国民性というか、文化というか
違いを感じられて勉強になる


休日のピザ&コーラ
このパッケージがたまらん好き

DAIZUPIZZAは京都のテイクアウト専門ピザ屋さん
生地の美味しさが、その辺の宅配ピザとは段違い
もう、リ○パやドミ○は食えない



NOORANIのオイスターパコラ
去年何回食べたことか…
カキフライよりオイスターパコラ

普通のニハリとオイスターニハリ
全然違って、どっちも良い
ニハリ好きには天国です

円町リバーブのラムカレーかな?
ここは本当にどんどん美味しくなるね
チャトニも秀逸

もらった鹿肉で
鹿肉カレー
市販のトマトソースやら玉ねぎペーストやら使って
出来るだけ手抜きして作ってみた
ちゃんと美味しく作れて満足です

カジョス風モツカレー
もうちょいカレーに寄せても良かったかな
少し迷いがあったか

鶏肉のヴィネガー煮
これはフレンチのつもり

豚の塊は定期的に食べたくなる。
今回は60度で5時間

カニ鍋の後のカニ雑炊
美味しくて当然です

新年最初の投稿というものは

毎年、何か抱負のようなものを書いている。

それは年頭にあたり、やはり一年を有意義に

無駄なく過ごすために必要だと思うからである。

抱負を語り、そこで私はいつも申し訳程度に付け加えるわけだ。


今年こそは、もう少しブログを更新したい…と。


果たして、本当にそんなことを思っているのか。

もう更新なんてしなくていいじゃないか。

ほぼ誰も見てないのに等しいのは

アクセス数を見れば一目瞭然である。

社会におけるこのブログの価値などない。


いやしかし、まてまて。

そもそも社会に寄与するために書いているわけでもなかろうに。

投稿の内容といえば、詳細な説明のない料理の写真と

嘘かホントもわからない日々の極私的な独り言。

需要があるわけがない。


そう、だから私は自分の為に書いているのだ。

鬱屈した気分や湧き上がるパッションのはけ口として書いているのだ。

…じゃ、日記でいいじゃん!


ほんまやん、日記でいいやん!!


と、結論は出ているわけですが、ブログは続けます。

皆さま、今年も宜しく。






2016年11月25日金曜日

カレー生活70

仕事で城陽方面に行ったついでにソネラでランチ
ビーフ山椒ニハリ

チキン山椒ジャルフレジー

マトン山椒ペッパーフライ

弾丸東京ダンスツアー時に何とか滑り込んだ
エリック紀尾井坂のビリヤニプレート

シトロンブレでグリーンサラダ
ちゃんとサラダ作ってる店はそれだけで好印象

煮凝りとフォアグラのテリーヌ

ホタテのムースだっけか?
グラタン風で美味しかった

ステーキは揚げ焼きかな?
ここもLe14eも京都はステーキ美味しいね

最近のTatsukiはコースで鮨もちらりと出ます
美味いです

自作のチキンのバスク風煮込み
まぁ美味しいと思う。

サグキーマと小豆マキニをおつまみカレーで

ステーキときのこのソテー

NOORの前菜盛り
1人でも複数でも、とりあえずこれ頼む

ビーフときのこと洋ナシのニハリ
シーズンニハリは毎回ホント美味しい

しっかり散財してきました

念願の2回目コリス
バターの代わりにタプナードとタラモ
こういうのいいよね

マグロのタルタル

トリッパとマメのサラダ

ホタテの刺身山椒ソースかけ

ブルーチーズカツレツ

ビフカツサンド
死ぬほどおなか一杯になりましたが悔いなし
最高の洋食屋です

ある日のNOORの前菜盛り合わせ

黒板ニハリは何度食べてもいいのです

NOORANIのオイスターパコラ
大きい牡蠣に感激

オイスターニハリ
冬の定番です

オイスターディル
同じく冬の名物です

豚のソテーと里芋のコンフィ
皿が良いと気分が上がります

オクシモロン風エスニックそぼろ
やはり皿が良い

柴漬けのポテトサラダ
これも皿が良い

昔懐かしナポリタン
ナポリタン作るために買った皿といっても過言じゃありません

ポテトのみのポテサラ

シーフードグラタン
グラタン道に目覚めそう

ハンバーグ
捏ね方の大事さを実感

京野菜のシュー
は買ってきましたよ、お菓子は作れない


最近、といっても半年ほど遡ることになるが

ダンスを始めた。


ダンスといっても、エグザイル魂兄弟みたいな今風のやつではなく

ブラジルのペアダンスである。

そう言ったところで

あ~、アレね、はいはい…

となる人なんて、そんなにいないのは分かっている。

実際、私も、その存在を全く知らないまま出会ったし

そのきっかけも、まるでダンスと関係ないものであった。


しかし、数少ない熱心なわがブログの読者の方ならご存じであろう

時々、登場するブラジルネタがあることを。

そう、ブラジルの無限焼肉ことシュハスコである。

東京時代から、この料理については

味付けやコンセプト共に大いに気に入って

度々食べに行ったものであった。


が、まぁそれだけである。

実のところ、何度か都内ブラジル料理店に足を運んだものの

シュハスコ以外の料理については

大した感動を得られなかったのである。

必然「ブラジル料理」を食べに行くというモチベーションは無くなり

焼肉屋行くか、という感覚になる。

ざっくばらんに言ってしまうと

シュハスコ以外大した興味もない国であったのが

ここにきてダンスにも興味が出てきた。

誠に喜ばしいことである。


しかし、改めて調べてみると、ブラジル料理も中々興味深いものがある。

特にフュージョン料理は面白いし、作ってみたくもある。

だがここでの問題は、関西で美味しいブラジル料理店は一体どこにあるのか!?

ということだ。

調べてみても、あんまりパッとした情報が出てこない。


ということで、関西の美味しいブラジル料理店(バルバッコア以外)あれば教えてください。

2016年10月18日火曜日

カレー生活69

ターブル・オ・ジャポンで男3人納涼ディナー
魚と野菜のテリーヌ
美味なり

鶏のファルシ
素材の良さも火入れも完璧

魚介の冷たいスープ
美味すぎる

台湾で食べたマンゴーカキ氷
日本で食べる気がしない
味と値段

ルウロウハン等々
日本でこういう台湾屋台飯的なのを
金払って食うやつは馬鹿だ
と友人が言っていたが
現地で食べちゃうと納得せざるをえない

友人お勧めの台北の雲南料理店
豆のスープがここまで美味いとは!

まこも茸と豚の炒め物
まこも、昔はよくスーリヤでカレーに入れさせてたな

チープな小汚い食堂のわけわからんつまみが
最高に美味い。
台湾はまた行きたいね

左からレバーペースト、ヨーグルトのディップ、フムス
カレー用のトレイだけど、使い勝手いい

久しぶりの冷やしトマトカレー
まずまずじゃないでしょうか

スパイシーフジッリ
まぁ間違いないよね


先日、友人が二年間渡仏するというので壮行会を行った。


是非とも私の「渾身のカレー」でおくって欲しい

という、友人たっての願いであったので

久しぶりに、錆び付いた腕を振るうことになった。

錆び付いてはいても、そこは私

当日までにきっちり錆を落とし

参加者一同から絶賛の嵐を浴びたのは言うまでもない。


やはり、自分ではない誰かの為に、腕を振るうときは力が入る。

自分の為に作ると、どうも

まぁ良いか…と手順を端折ったりしてしまうが

他人相手だとそうはいかない。

作る相手が自分にとって大事であればあるほど

むしろ手間をかけ過ぎたくなる。

普通に作っていれば、手間の分だけ美味しくなるのが料理だ。

今回もちゃんと2日前から仕込みもした。

そりゃ美味しいさ。


最近、器もちょっとずつ

真っ白の、カラオケ店の食器かよ!

みたいなやつから、気に入って買ったものへ入れ替えている。

まとめ買いしたカトゥリやバナナリーフプレートも大活躍だ。

料理において一番大事なのは味だが

視覚が味に及ぼす作用は無視できない。

いい器に盛った料理は、私の料理の味をさらに高め

更なる絶賛の嵐を呼び

これ以上ないくらい調子に乗った私は

これでもか、と美味しい料理をつくるようになる。


素晴らしい!

誰も損しない世界である。

まきおこる幸せの上昇気流に、みんなでのりましょう。